りんころもちの徒然日記

3歳上の旦那さん、息子(H29.05.18)、愛犬のもなか(マルチーズ×Mダックス)
との日々を徒然と綴っていく、マイペース主婦の自由日記です(^^)

プロレス技かけられた

みなさん、こんにちは!



先日、旦那さんとごはんを食べているときに

「そういえば、この間マウンティングされたよ~。」

と近況報告をしたら

「え、なに、プロレス技?」

という応えが返ってきました…。



マウンティングという言葉、最近巷で

流行ってるという認識だったので伝わらなかった

ことに驚きました。笑


あ、でもバイト先の衛生士さんにマウンティング

された話をしようとしたときも通じなかったな…


案外思ってる程流行っていないのかも??




でも、メディアなどでマウンティングについて

取り上げられているのを見ていても今までは

全くしっくりきていなかったというか。


「ほんとにそんな人いるのかな。」

的な。


単純に、私のまわりではそういうつまらない女が

いなかったから現実味がなかったんですけど。


そんな私も、ついに先日マウンティングデビュー

を果たしました…!!!!


もちろん、される側。




同年代で、結婚していて、同じ妊婦さん。


お互い結婚一年目ということで、色々話も合うし

共通点も沢山あったりで話は盛り上がってました。


普通に楽しかったし(^_^)



…ただ、ちょくちょくマウンティングしてくる。


最初は結構オブラートに包んでる感じだったのですが、

最終的にはかなり直球。


「主人は○○○大学の△△学部卒だから賢くてー…」

みたいな。



「すごーい!」

とか言われたいんだろうな、言われ待ちなんだろうな、

とは思いつつも、それを言ってしまえば相手の

思う壺だと感じていたので「マウンティングされてる!」

と感じた発言に対してはスルーしました。笑



それに、単純にべつにそこまで凄いと思えなかったというか。


「それならうちの主人も某国立大学卒で

修士課程修了してるけど…??」

と思いましたが、それを直接口にしてしまえば

私も同類。


そうなりたくなかったし、実際私は頭のいい人って

(学力があるということだけなら)凄いという風に

思ったことがないので。



学生時代、二度程京大生とお付き合いをしてたことが

あるのですが、まぁプライドが高い。


それだけならいいんですけど、意識してようが

してまいがとにかく見下した発言が多いこと!笑



そして、彼らと付き合って感じたことは

「いくらお勉強ができたって、社会不適合者

(実際に社会で役に立てない人)は尊敬に値しない」

ということでした。


だからそれ以降、学歴自慢とかされてもなんとも

思わなくなりましたね。



そりゃあ、今後自分のこどもがすごーく頭のいい

学校に入ってくれれば嬉しいですし誇らしいです。


でも、その対象が彼氏や旦那さんの人ってなんか

可哀想だな~、て思っちゃいます。



他にも好きな面があって、ということが前提として

あるのかもしれないけれど、でもそれを一々

口に出して他人に自慢するのって、その本人が

よっぽど中身空っぽなつまらない女で、

その男性にはそれありきでしか魅力を感じてないんだろうな、

と哀れに感じますね。




マウンティング女、今後ママ友ができたりしたら

そういうつまらない女がうじゃうじゃ出てくるんだろうなー、

と思うとなんだか憂鬱になってきます(-_-)笑